借金が多い場合の対処とデメリット

借金1

今ではクレジットカードやローンなどを利用している人も多くなっています。しかし、それらを利用し過ぎると借金の額が大きくなり大きな負担になる可能性があります。そこで、これから借金が多い場合の対策とデメリットについてお話します。

多額の借金を作った時のデメリットを把握して、高額の金額を借りない事が大事ですし、借金が多くなった場合にどうすれば良いのかを知っておく事も必要です。

ぜひ、参考にしてくださいね。

これ以上借金しない事を心がける

借金12

借金は珍しくなく、ローンやクレジットカードを利用している人も多くなっているので、借金があるからといって慌てる必要はないです。しかし、借りている額が多くなりすぎると生活に支障が出たり、返済で苦労したりする可能性があるので何かしらの対処が必要になります。

そこで、1つの対処としてこれ以上お金を借りないという事です。借金は毎月決められた額を返済していくのが一般的なので、借りなければ少しずつ減るという事になります。しかし、時々お金を借りている状態ですと、いくら返済してもなかなか借金の額が減らないという事態になるので、借りている額が多いままとなり返済期間が長くなるだけです。

このような状態を避けるためには、やはりこれ以上借りないという事が大事であり、借りなければ返済していると次第に借りている額が減り、完済できる可能性が高くなります。これ以上借金しないためには計画的にお金を使っていく必要があり、出費を減らすことが大事です。

日々の生活から節約をする事

借金が多い時の対策として有効なのが、日々の生活から節約をする事です。例えば、水道やガスを節約して一か月の光熱費を今までよりも安くしていく事が必要になります。水道やガスなどを節約する事によって、大幅に光熱費を安くする事が出来て、1年間で見ればかなりの節約になります。

子どもが多くいる場合は、水やガスを使いすぎる傾向があるので、親がしっかりと節約するように指導する事が必要です。また、自分の趣味に費やすお金を減らしたり、外食を控えて安く自炊出来る方法を勉強したりと日々の生活で節約できる事はいくらでも存在します。

節約する時には、欲を抑える必要があり、さらに長期的に行わないと結果が出にくいですが、もし節約に成功する事が出来れば、その分借金を返済出来るお金が出来て、完済しやすくなります。また、娯楽に多額のお金を費やしている人は、特にお金が減るスピードが早く、借金の返済に苦労する傾向が強いです。

ギャンブルなどは控えて、その分を借金の返済のために使う事が必要になります。ギャンブルをしていると、再び借金をして取り返しがつかない事態になる可能性もあるので、一番注意しなければいけない事です。

場合によっては債務整理をする

借金の額が大きくなり過ぎると、自分の収入を上げない限りは返済するのが難しくなるケースも出てきます。例えば借金が500万円以上になると利息を支払うだけでも苦労して、なかなか借金の額が減らない可能性もあります。

このように、現実的に返済が難しくなってくると、債務整理を検討する事も必要です。債務整理とは、借金を減額出来る方法であり、任意整理や個人再生、自己破産などいくつかの種類があります。それぞれ内容が違っているので、弁護士などと相談してどれを選択すれば良いのかを適切に決める必要があります。

自己破産の場合は、借金の債務がなくなる可能性が高く、数千万円などの高額な借金をしている人に合っている債務整理です。借金が数千万円以上となると、いくら減額しても返済するのが難しいので、クレジットカードやローンなどの債務がなくなる自己破産が一番効果的です。

減額すれば十分返済出来る場合は、任意整理や個人再生をして減額してもらうようにします。ただ、これらの債務整理を行うと、一定期間の間はクレジットカードやローンなどが利用出来ない可能性が高いです。特に自己破産は債務自体がなくなるので、ローンなどが利用出来ない期間も7年から10年と長めになっています。

生活に余裕が持てなくなる

借金が多くなると、当然デメリットも存在します。その1つが、生活に余裕を持てなくなるという事です。借金が多くなると、一か月に返済する額も多くなり、生活費やあなたの趣味などに費やせるお金が減るという事が起きます。

例えば、借金の返済額が毎月7万の場合で、あなたの月収が20万円の場合は残高が13万円となりその中で生活費などを出していく必要があります。一人住まいで賃貸住宅を借りている場合は、家賃も支払う必要があり、光熱費や食費、交際費などを含めるとお金に余裕が持てなくなる可能性があります。

お金に余裕が持てなくなると、お金に対するストレスも溜まってきて、これからどうすれば良いのかとマイナス思考になりやすいです。お金に苦労しないためにも、金融業者から借り過ぎない事が大事です。お金を借りる時は、どれぐらいまでなら余裕を持って返済出来るのかを考えて、借りる額を決める必要があります。

人生には、どうしても借金しなければいけない時もありますが、必要最小限度にして、無駄にお金を借りない事が必要です。

自分の好きなことがなかなか出来ない可能性がある

弁護士4

借金の額が多くなり過ぎると、自分の好きなことがなかなか出来なくなる可能性があります。旅行に行きたい、週末は友達と飲み会に行きたいなどの願望がある場合でも、手元にお金がなければ行く事が出来ないです。借金の額が多いと、毎月の返済額も多いので、所持金が少ない状態が続いてしまう可能性があります。

このように、旅行や友達と遊びに行く余裕がなくなり、人生を楽しめない可能性が高いです。旅行の場合は、泊まりですと10万円ぐらいは準備しておきたいですし、飲み会でも1万円ぐらい必要になる事があります。借金の額が多い場合は、それも大きな負担となります。

何か楽しい事をする時には、お金が必要になる事が多く、お金を多く持っているほど何かをする時の選択肢が増えて、人生がより楽しくなります。自分の好きなことがなかなか出来ない期間が長引いてしまうと、自分は何のために生きているのか分からなくなり、生活するのが嫌になってくる可能性が高いです。

そこで、自分が好きな事を日々の生活に取り入れるためには、借金を多く作らずに、計画的に返済していく事を心がけます。

借金をする事でその場はお金が手に入り楽になりますが、借りた額によっては後の生活に大きく響く可能性がある事を覚えておく事が大事です。

関連リンク《借金法律